Rory’s Veggie Views (Vol.2) Vegetarianism: moving from the uncommon to the mainstream

Vegetarianism: moving from the uncommon to the mainstream

An important aim of this blog is to give information about cafes and restaurants that do not only serve vegetarian/vegan food. Of course, it is important to support such service providers and to draw attention to them. However, I strongly believe that vegetarianism should be included in ‘mainstream’ eateries, always. A campaign which Tokyo Smile Veggies is at the forefront of.

Each restaurant surely should include at least one option which does not have meat or fish. The demands of most vegetarians is usually as simple as that (unless you accidentally find yourself in somewhere like a steak house!) This, in turn, would then help vegetarians and vegans to find places to eat and also enable them to be seamlessly included in meals with friends or family who do eat fish and meat. Such a change would additionally generate extra revenue for these businesses, especially as the numbers of vegetarians and vegans continues to grow globally, and with the approach of the 2020 Olympics in Tokyo.

Anyway, off my ‘high horse’ (sorry for the English idiom!) Please read my blog, which stands as a special side-project of the wonderful work that the Tokyo Smile Veggies are doing. Happy reading!

菜食:「特別」から「普通」へ

このブログの重要な目的はレストランやカフェの情報を提供することですが、それは、ベジタリアン食・ビーガン食だけを提供する専門店ではありません。もちろん、そういった店に注目し、サポートするのは重要です。しかし、ベジタリアンの食事は、「普通」の飲食店で当たり前に提供されるべき、と私は強く信じてします。それは、Tokyo Smile Veggiesが先頭に立って実現しようとしていることでもあります。

各飲食店は、肉も魚も使っていない料理を少なくとも1つはメニューに加えるべきです。多くのベジタリアンが求めているのは、それくらいシンプルなことなのです(もちろん、ステーキハウスのようなところで食事をする場合は別ですが)。それだけで、ベジタリアンやビーガンの人たちも、もっと簡単に食事場所を見つけられるようになり、また、魚も肉も食べる友人や家族とも当たり前に一緒に食事ができるようになります。こういった状況が生まれれば、外食ビジネスの新たな利益にもつながるでしょう。特に現在は、ベジタリアン・ビーガンの人口が世界的規模で増え続け、さらに2020年の東京オリンピック開催が近づいていますからね。

大風呂敷を広げるのはこれぐらいにして、とにかく、これから私のブログを読んでみてください。Tokyo Smile Veggiesの素晴らしい活動のサイドプロジェクトとして展開していきます。お楽しみに!

(写真キャプション)
野菜てんぷら。Ninja Akasakaにて

Rory’s Veggie Views (Vol.1) Starting Out

Starting Out

Why would a primary school teacher from the UK, now living in Tokyo, write for the Tokyo Smile Veggies? My aim is to spread the word about vegetarianism in general and about my personal experiences in Japan. This site should stand as a case study for both the positive and negative findings of a vegetarian in Tokyo. Where I find positive experience, specific information will be given about the café or restaurant. I also hope to honestly discuss the cultural aspects that entwine within this particular food culture, from my perspective as an English expatriate.

So, as a reader I hope that you will gain an insight into: the findings of a vegetarian in Japan; specific examples of vegetarian eateries and an interesting read into Japanese food culture.

はじめに

 一体なぜ、イギリスからやって来た小学校の先生が、日本に住んでTokyo Smile Veggiesのためにこの記事を書いているのか。
僕の目指すところは、菜食というライフスタイルがもっと市民権を得られるように、言葉を広げていくこと、そして僕自身の日本での経験を皆さんに伝えていくことです。
このブログは、東京のベジタリアンが暮らしの中で感じた、よかったこと、悪かったこと、両方についての分析・検証の場になると思います。いいカフェやレストランを見つけた時には情報を発信していきますし、そしてこれは僕が本当に興味を持っていることですが、ベジタリアンという独特な食にまつわる文化の違いについても、イギリス人という視点から感じたことを書いてみたいと思っています。
読者の皆さんには、ベジタリアンが実際に東京で暮らして見つけた様々なこと、つまり、飲食店の具体的な情報や日本の食文化に関する興味深い記事を発信していければと考えています。