Rory’s Veggie Views Vol.7 Indian Cuisine

Indian Cuisine

Tokyo does not disappoint when it comes to supplying curries of many types. The options for aromatic meals, originating from many regions in India, are numerous and prolifically spread across this vast metropolis. Since arriving in Japan; I enjoyed visiting ‘Nirvanam’ in Toronomon, ‘Raj Mahal’ in Shibuya, ‘Tom Boy’ in Shibuya and ‘The British Indian Cafe’ in Omotesando, to name but a few.

Recently, two friends and I went to ‘Nataraj’ in Ogikubo (location link – http://www.japan-tourist-guide.com/nataraj-indian-vegetarian-restaurant.php) which I now rank as my favourite option from the restaurants that I have personally visited.

Unlike the other locations mentioned, it is a specifically vegetarian restaurant and has a very clear vision. It claims to be the first of its kind and has a successful history dating back to 1989. The company website places a keen emphasis on healthy living and on choosing food based on ethics, yet without sacrificing taste or enjoyment. Indeed, organic ingredients are sourced from 3 sets of farmland which are owned by the restaurant chain (http://www.nataraj.co.jp/en/ogikubo/E_OgikuboTop.shtml) and the menu is chosen thoughtfully, even containing natural yeast for breads, GMO-free oils and a range of soy or tofu options (https://healthytokyo.com/vendor/nataraj-indian-vegetarian-restaurant-ogikubo/).

While Nataraj is proud of its vegetarian and ethical foundation, even pairing this with an Ayurvedic approach (specifically selecting spices in order to promote good health), the experience is by no means an arduous example of worthy philosophies over a satisfying end product. The interior of the cafe is pleasantly decorated with well set tables (100 in the Ogikubo part of the chain) and pieces of Indian art. The food, meanwhile, is sumptuous.

I chose a set meal and found each of the small dishes to be packed with flavour and presented in mouth-watering fashion. The naan bread was giant, fluffy and delicious. Clearly, the chef is a wonderful judge of spice, seasoning and salt levels. Even the side salad (often so overlooked in curry houses) was fresh and, simply, oishii desu! My friends are proud meat eaters, and even they found the food on offer to be a delight. They devoured paneer based curries; large naans and sticky rice with a hungry approach only associated with Englishmen deprived of a good curry for…a few hours!

So, give Nataraj a go – your taste buds will thank you later.

インド料理

色々なタイプのカレーを食べられるという点で、東京は期待を外しません。インドの各地方を発祥とする香り高いこの料理は、大都市東京にも広く行き渡っています。 日本に着いた時から、僕は虎ノ門のNirvanam、渋谷のRaj MahalやTom Boy、表参道のThe British Indian Cafeなどでカレーを楽しんでいました。ここにあげたのは、ほんの一部のお店ですが。

最近友人2人と行ってみて、僕の個人的お気に入りレストランの一つにランクインしたところに、荻窪のNatarajがあります。http://www.japan-tourist-guide.com/nataraj-indian-vegetarian-restaurant.php) 上記した他のお店と違って、ここはベジタリアンレストランであり、しかもはっきりとしたビジョンを持ったお店です。こういったタイプで成功したお店の先駆けとして、1989年からの歴史があります。ここのウェブサイトによると、健康的な生活や、環境に配慮した食物を選択すること—もちろん、味や食べる楽しみを損なうことなく—が強調されています。実際、ここで使われているオーガニックな食材は、このレストランチェーンが所有している3つの農場で収穫されたものなのです。 (http://www.nataraj.co.jp/en/ogikubo/E_OgikuboTop.shtml) 天然酵母で作ったパンや、遺伝子組み換え原料不使用のオイル、幅広いオプションから選べる豆や豆腐など、メニューもよく考えられています。(https://healthytokyo.com/vendor/nataraj-indian-vegetarian-restaurant-ogikubo/).

ポリシーを持ったベジレストランであるだけでなく、アーユルヴェーダ(スパイス等で体調を整える健康法)に基づいたアプローチが、もう一つのNatarajの自慢です。とは言え、立派な哲学の方が料理より優先される、なんてことはここでは決してありません。お店のインテリアは、落ち着いたテーブル(チェーンの中でもここ荻窪店では100席もあるのです)とインドのアートで心地よく作られています。もちろん、料理の素晴らしさは言うまでもありません。

僕が頼んだのはセットメニューでしたが、出てきたいくつかの小皿にはそれぞれ風味があり、見ただけで口に唾がわいてくるようでした。ナンは巨大でしたが、ふわふわで美味しかったです。 ここのシェフがスパイスや薬味使いの達人であることは間違いなく、塩の効かせた方も文句なしでした。付け合わせのサラダ(カレー店ではおざなりになりがちですが)にいたるまでフレッシュで、とにかく「オイシイデス」! 一緒に行った友達は肉好きでしたが、それでも喜んでいました。彼らはお腹を空かせた様子で、パニールベースのカレーや大きなナン、ねっとりしたライスに食らいついていました。で、彼らのお供は、美味しいカレーにしばし心を奪われた英国人、という訳です。

ということで、ぜひNatarajに行ってみてください。美味しいもの好きの仲間に、きっと感謝されますよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中