Rory’s Veggie Views Vol.10 Nepalico

Nepalico in Komazawa-daigaku (official website – http://www.nepalico.com/) gives its patrons a sumptuous hint of what Nepal has to offer. Upon entering the cosy restaurant, just 2 minutes from the subway station, you are greeted with aromatic smells from the open kitchen. You can choose to sit at the bar, conventional table or more Japanese style floor seating. Pictures of Nepalese life hang on the walls, from Everest to kindly people, and tinkling Nepalese music drifts through the air.

It does not suffer from Disneyfication though. Nepalico is run largely by chefs and serving staff from the country itself and none of these cultural touches seem fake. Instead, it is simply a case of people who are proud of their origins.

Food-wise, Dal-bhat-tarkari (see the featured image) is eaten throughout Nepal and is on offer here in both meat or vegetarian versions. Indeed, Nepalico offers an array of vegan and vegetarian options. The dal is nourishing and filling, perfect for a cold evening or lazy Sunday afternoon. It is rich and has an earthy taste supplied by the lentils. This is accompanied, as traditionally; by a mound of white rice, curries made with chunky vegetables (the tarkari) and a dipping sauce. The rice and dal can be refilled, should you have a really healthy appetite!

I also sampled a dish called momo. Similar to gyoza, these Tibetan dumplings would have traditionally been filled with buffalo meat, but I naturally chose the vegetarian option. They were superbly flavoured with a mix of Nepalese spice; but it was the clash of soft and crunchy textures that really won me over.

Also worth a mention is the drinks. Everest and Nepal Ice beers are obviously on offer, as is hot tea. But, the mango or cassis lassi are the clear favourites amongst my friends and myself. Yoghurt is popular throughout Nepal and is historically used in lassi drinks. These sweet and creamy concoctions will leave you refreshed and nourished.

It is fair to say that experiencing the tastes and culinary experiences of a nation really open up a window onto its history and culture. Indeed, a friend of mine hiked through many of the Nepalese peaks before visiting Tokyo, Nepalico and me. His take was that this restaurant provides a really authentic Nepal dining experience. So, with a culture so unique and interesting, surely this is a window worth looking through?

ネパリコ

駒澤大学にあるネパリコには、ネパールという国がどんなものをもたらしてくれかを知る素敵なヒントがあります。地下鉄の駅からわずか2分、こじんまりしたお店に入るとすぐに、オープンキッチンからの美味しそうな匂いに迎えられます。席は、バーカウンター、普通のテーブル席、和風のお座敷タイプから選べます。お店の壁には、エベレストから始まり、心優しいネパールの人々に至るまで、この国の生活を映し出す写真がかかっていて、鈴が鳴るような音楽が流れています。

とは言っても、作り物のようなお店とは一線を画しています。ネパリコは駒澤大学以外の地域でも展開されていますが、そこにいるシェフとスタッフは、ネパールの本物の文化を伝える本国からの人たちです。皆さん、自分のオリジンに誇りを持っている人々です。

さてフードメニュー。ネパールで広く食されているダルバートタルカリ、ここではノンベジかベジタリアンが選べます。ネパリコには、ビーガン・ベジタリアンメニューが揃っているのです。ダルは滋味溢れ、満たされる味で、寒い夜やゆっくり寛ぐ日曜日の午後にぴったり。レンズ豆の素朴な味わいが楽しめるリッチなスープです。山盛りの白いご飯と、ザクザクの野菜カレー(タルカリ)、それにディップソースと一緒に出されるのがネパールスタイル。お腹ぺこぺこなら、ご飯とダルはお代わりできますよ!

「モモ」という餃子に似たチベットの料理も試してみました。中味は水牛(バッファロー)の肉が一般的ですが、僕は当然ベジタリアンモモをオーダーしました。ネパールのスパイスが渾然となった味も素晴らしいのですが、僕は柔らかさとザクザク感がぶつかり合うような食感にやられてしまいました。

ドリンクのことも言っておかなければなりません。ネパールビールの「エベレスト」や「ネパールアイス」、それに熱いお茶類ももちろんあります。が、僕の友達の間ではマンゴーラッシーとカシスラッシーに人気が集まりました。僕自身もお気に入りです。ネパールではヨーグルトが広く食され、昔からラッシーにも使われています。甘くてクリーミーなラッシーを飲めば、リフレッシュされ、癒されますよ。

ひとつの国の味や食卓を経験することは、その国の歴史や文化に通じる窓を開けることと言っても良いと思います。僕の友達の中で、東京にあるこのお店を僕と訪ねる前にネパールの山々を歩き回ってきた男がいるのですが、彼の経験から言っても、ネパリコの料理は本物ということでした。ユニークかつ興味深いこの国の文化、ネパリコという窓を通じて覗いてみる価値があると思いませんか?