About Us(はじまり)

私達はそれぞれの理由から植物性中心の食事をしていますが、共通して不便を感じていたのは「外食時のお店の選択」でした。ベジタリアン食(ベジ食)が共通している人とは気兼ねなく一緒に出掛けられますが、ベジの人とノンベジの人が一緒に出掛けるにはお互いが気を遣うことになり、そのことによって会食の機会も減ってしまう、という問題に直面していました。
また、海外からベジタリアンのゲストを迎え入れる時にも苦労が伴います。現状、ベジタリアン対応可能なお店が、希望する場所でいつも見つかるとは限らないのです。

そのような中、観光庁は、訪日外国人の2014年4-6月期の旅行消費額が4874億円と過去最高(前年同期比の32.6%増)、2014年の訪日外国人の旅行消費額は過去最高であった前年を大きく上回り、4-6月期で4874億円という結果になったことを発表しました。また、2013年に初めて外国人観光客数1000万人を達成したことを受けて政府は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には外国人観光客数2000万人達成を目指すとしており、積極的なプロモーション活動を行っています。

そこで私達が考えたことは、レストランやデリでのベジタリアン対応はもっと切実に必要になるよね、ということでした。昨年訪れた1000万人の外国人観光客のうち、約5%にあたる50万人がベジタリアンであると言われています。

これまでの自分達の経験も踏まえて、
「普通のお店で、もっと気軽にベジタリアンメニューが選択できるといいね」「ベジとノンベジが、気兼ねなく同じテーブルを囲めたらいいね」
その実現によって「日本を訪れるベジタリアン外国人にも、日本の食を存分に楽しんでもらいたいね」という想いを持ち、Tokyo Smile Veggiesを立ち上げることになりました。

「普通のレストランにベジタリアン対応のメニューをおいてもらう。」
そのためのお手伝いを私達がしよう、そんな側面から、訪日ベジタリアン外国人へのおもてなしが実現できたら、と考えています。

ABOUT US

All the members of TOKYO SMILE VEGGIES prefer vegetable cuisines for different reasons but what we share the common feeling of inconvenience of “where to dine out”. A group of vegetarians, namely people preferring vegetable cuisines, can freely dine out as they share similar food preferences; however, a group of vegetarians and non-vegetarians are likely to looking out for each other to determine where to dine out, making a narrower opportunity for them to dine out.

Another inconvenience occurs when to welcome vegetarian guests from overseas; it is not easy for local hosts to find restaurants with vegetarian meals available.

The Japan Tourism Agency announced the results of a survey on the consumption trends of foreign visitors to Japan from April to June 2014. According to the survey, overall travel expenses for foreign visitors to Japan during the period was 487.4 billion yen, marked the largest with an increase of 32.6% compared to the same period in the previous year. The number of foreign visitors reached a record of 10 million in 2013, and the Japanese Government is currently carrying out promotion activities to achieve 20 million foreign visitors as early as 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games.

TOKYO SMILE VEGGIES reached a conclusion that vegetarian menus should be seriously required at local restaurants and/or delis by 2020. A survey says that 5% of the foreigners visited to Japan in 2013 were vegetarians.

TOKYO SMILE VEGGIES was established with both our past experiences and our pictures of new Tokyo – “vegetarian menus are always available at local restaurants and/or delis,” “vegetarians and non-vegetarians enjoy sitting around the same table” and “vegetarians visiting from overseas have a variety of selections to enjoy Japanese cuisines.”

We hope we could deliver our own “Omotenashi” hospitality to vegetarians visiting from overseas through supporting local restaurants and/or delis to offer vegetarian meals.

「トーキョーにベジなおもてなしを」東京のレストランにベジ食を推進するプロジェクト